9月2日(水)の浜高祭二日目はMF(ミュージックフェスティバル)が行われました。

新型コロナウイルス感染防止の観点から、合唱は練習で密を作りかねないこと、感染防止対策しながらであると学校全体で十分な練習が行えないこと等様々な状況を踏まえ、今年度のMFは合唱から「リズムアンサンブル」に内容を変更しました。また、その様子を各クラスに配信する形式で行われました。 「リズムアンサンブル」とは手だけでなく全身を使って音を鳴らしてリズムを刻んで演奏するパフォーマンスです。様々な道具を自作するクラス、隊列を複雑に変形するクラス、ピアノを用いるクラス等様々な工夫が見られました。合唱から急な変更であったので生徒も最初は戸惑いを覚えていましたが、クラスで協力し色々なアイデアを出すことで例年とは違った形でもMFを盛り上げることができました。合唱部や吹奏楽部のパフォーマンスはクラスで観覧している人たちの心に届く素晴らしいものとなり、伝統を引き継ぎつつも新しいことに挑戦できたMFとなりました。

リズムアンサンブルの様子リズムアンサンブルの様子