先日、本校3年生全員がHIRAKUの授業で「未来探究」を行いました。

1時間目は、生徒一人一人が選んだ業界についての資料を読み、重要だと思う部分をワークシートにまとめ、同じ業界を選んだ生徒で集まって意見を交換しました。
ほとんどの生徒が今回調べた業界についての関心が「高まった」と答え、資料や意見交換によって今まで知らなかった多くの情報を得ることができたようです。

続いて2時間目には、生徒一人一人が自分にとっての「幸せの条件」を8個以上挙げた後、ピラミッドチャートを利用して最優先の条件1つを絞り込み、グループに分かれて発表し合いました。
同じ条件が並ぶかと思ったらそうでもなく・・・「なんでそれが1番なん?!」と価値観の違いに驚いたり、理由を聴いて納得したりと、各グループとも盛り上がりました。 最後に、一人一人が「30歳の自分の姿」を文章にしてみました。

自分の目指す業界の現状や課題を理解し、働き方について具体的に考えたり、自己理解・他者理解を深めることのできた時間となりました。

 

生徒の感想より

  • 自分の目指す業界がどんな現状なのか、どんな課題があるのかを知ることができた。
  • 資格を取った後の働き方の多様化を知って、さらに興味が高まった。
  • 自分と他人の価値観の違いに気付いたが、みんなの説明を聴いてどの価値観にも納得できた。
  • 異なった考えを共有することで、自分にはなかった考えを見出すことができた。

 

(文責:福井)