6月7日(金)本校1年生191名が、「あいサポート研修」を行いました。

あいサポートとは、障がいそのものを理解することで、地域社会の一員として目の前の人に対して手助けをする研修です。

あいサポート研修

まず、はじめに講師であるいわみ福祉会の大石さんより、講話をいただきました。講話では、あいサポート研修を終えて実際に街でサポートを行ってらっしゃる例をいくつもあげていただきました。また映像を通して、更に学びを深めることができました。 その後、各クラスに帰り、まとめを行いました。

生徒の感想より

  • 今までの障がいの種類はあまり知りませんでしたが、今日の話や映像からたくさんの種類の障がいがある事が分かりました。この経験を生かして何か困っている人がいたら、優しく声をかけていきたいです。
  • 事故にあって障がい者になられたという方の映像もあったので、いつ自分や周りの人がそういう状態になってもいいようにきちんと対処方法を学び、勉強をしていきたいです。
  • よく自分だったら…と考えてきたけれど,相手の状態に合わせて寄り添うことが大事なときもあることを知りました。困っている人がいたら助けるし、常に困っている人がいないか周りを見て行動したいです。