10月16日(日)、11月3日(木)に行われた赤い羽根共同募金に本校から19名の生徒が参加しました。10月は浜田市健康福祉フェスティバルで、11月はBB大鍋フェスティバルにおいて募金を呼びかけました。
両日ともに天候に恵まれ、フェスティバル会場にはたくさんの人が集まっていました。募金活動が初めての生徒も多かったのですが、皆積極的に、かつ優しく声をかけ、小さな子から高齢者まで幅広くコミュニケーションを取っていました。
参加した生徒の中には、「どういう言葉が一番響くのか」「募金をしている人が一人いると、周りの人も募金したくなるみたい」「小さな子が募金をした後に風船をもらっていくところがとてもかわいかった」など、様々な感想を抱いていました。

募金をしていただくことも大切ですが、この活動を通して相手に合わせたより良い関わり方を学んでいたようです。今後の学生生活にも活かしてほしいと思うとともに、ボランティア活動の良さを積極的に広めてほしいと思います。
(文責 嘉戸)

 

10月16日(日)福祉センター前にて

募金活動頑張るぞー!と記念写真
「頑張るぞー!」

赤い羽根と風船を子供に手渡しています
「赤い羽根と風船をどうぞ」

ご協力よろしくお願いしますと声をかけています
「ご協力お願いしまーす!」

募金していただきました
「ご協力ありがとうございます!」

11月3日(木・祝)お魚センター前にて

いい天気でした
いい天気でした!大賑わい!

黄色いハッピを目印に活動しています
黄色いハッピが目印ですね

地元の方にエールをもらいました。
「しっかり頑張ってね」

子どもにも募金してもらいました
「ありがとー!!」

自衛隊のマスコットと一緒に撮影しています
自衛隊のイベントもありました

1時間の活動を終えて記念撮影
1時間があっという間でした