学校紹介

学校長 ご挨拶

ようこそ、浜田高等学校のホームページへ。校長先生の写真

浜田高等学校は、その前身である島根県第二尋常中学校が、明治26年(1893年)に開校し、その後島根県立浜田中学校となりました。今年、平成30年に、創立125年を迎える伝統ある学校です。その間、「浜田中学」から「浜田高校」へと伝統は脈々と受け継がれ、あまたの卒業生が素晴らしい業績を残されました。そして、政治、経済、学問、スポーツ、文化などの分野において多くの卒業生の方々が活躍されています。また、島根県西部の中心となる学校として、地域を支える人材を輩出するだけでなく、様々な面で中心的な役割を果たしております。

本校の教育目標は、次のようになっています。


高い理想と誠実な努力
1 高い知性
2 豊かな人間性
3 逞しい心と体

 

この教育目標の下、生徒一人ひとりが生き生きと活動し、自らの目標を達成できるように、教職員一同が「チーム浜田」を合い言葉に教育活動を行っています。生徒の皆さんが、勉学に、部活動に、そして浜高祭を始めとする学校行事に全力で取り組んでいくこと、さらにそれぞれの進路実現に懸命に努力するように、教職員一同が全力で一人ひとりの夢の実現を支援していきます。

 

平成30年度の学校経営計画を下記のように教職員に示しております。

1 地域社会における本校の使命
地域から信頼され、愛され、地域の期待に応える学校づくりをめざす
(1)創立125年の歴史と伝統を持ち、各界に有為な人材を輩出する島根県西部の基幹校
(2)郷土の未来を切り拓く、心豊かで逞しい人材を育成する学校

総合的な人間力の育成をめざし、国際社会や国家の発展に貢献する志を持つ人材、地域社会に貢献する志を持つ人材を輩出する
(1)学力の育成
(2)心身の鍛錬
(3)地域の一員としての自覚

2 めざす学校像、生徒像、教職員像
めざす学校像
(1)生徒が安心して明るく生き生きと活動する学校
(2)教職員が組織として活動する学校
(3)保護者や地域の期待に応える学校

めざす生徒像
(1)人権尊重の立場に立ち、自他の人格を尊重できる生徒
(2)確かな学力、豊かな心情、心身の健康など「生きる力」をもつ生徒
(3)高い志を持ち、不断の努力ができる生徒
(4)国際社会、日本国内及び地域社会において貢献したいとの気概をもつ生徒

めざす教職員像
(1)知徳体のバランスのとれた生徒を育てることができる教職員
(2)生徒一人ひとりの特性に合った支援ができる教職員
(3)モラルを高め、人権感覚を磨く教職員
(4)研修に励み、資質の向上に努める教職員

 

平成30年度の重点目標は下記のように示しております。

(1)他人を思いやり、自他の人権を尊重し、豊かな人間関係を築く生徒を育成する。
(2)基本的生活習慣を確立し、節度ある自律的な生活をおくる生徒を育成する。
(3)基礎・基本を大切にさせるとともに、自主的に学習する態度を養わせ、思考力、判断力、表現力を一層向上させる。
(4)生徒の個性を伸ばし、キャリア教育を通して進路の実現に向けた支援をする。
(5)特別活動や部活動を通して、情操豊かな心を養い、逞しい体をもつ生徒を育成する。
(6)ボランティア活動、地域交流活動などを通して、郷土の文化に触れ、故郷を愛する豊かな心をもつ生徒を育成する。

 

今高校教育は、高大接続改革、学習指導要領の改訂と、大きな時代の変革を迎えようとしています。浜田高等学校も、時代のタ-ニングポイントにあって、歴史と伝統を踏まえながら、未来に向かって新しい一歩を踏み出せるように、様々な取り組みを始めます。

特に今年度は、生徒の英語力向上を目指した取り組み、浜田市と連携しながら学校の魅力化を推進する取り組みを積極的に進めていきます。この他にも、これまで取り組んできたICTを活用した授業改善の取り組みをさらに進めていきます。また、生徒の「主体的、対話的で深い学び」を進める取り組み、生徒が地域の活動に積極的に参加する取り組みなどを通して、生徒一人ひとりの「人間力」の向上も目指していきます。

これからの浜田高等学校が、島根県西部の基幹校としての役割をしっかり果たせるように、そして生徒一人ひとりが夢を実現できる学校としての役割を果たせるように、校長として引き続き努力していく所存です。保護者の皆様、卒業生の皆様、地域の皆様を始め多くの皆様のご支援をいただき、浜田高等学校をさらに発展させていきたいと思いますので、ご支援、ご協力をお願いいたします。

浜田高等学校
校長 今井靖

  • 浜高チャンネル!!
  • ICT
  • 大会結果
  • 中学生の皆様へ
  • 保護者の皆様へ
  • HIRAKU
  • 理数科
  • 定期刊行物
このページの先頭へ