HIRAKU講演会サムネイル

今年度の「HIRAKU講演会」のご案内です。
今年度の講師は本校卒業生で、ローカルジャーナリストとして活躍されている田中輝美です。
いまの島根のどこがおもしろいのか、地域の再生に向けて我々は何をすればいいのか、そしてこの島根を救うため、これから社会に出る生徒に向けてメッセージを送っていただきます。


【日時】
10月10日(水)11:00~12:10 

【場所】
浜田高校体育館 

【演題】
 「未来は変えられる~いま島根が面白い!~」

※当日は、本校生徒たちに向けてお話ししていただく予定ですが、地域や保護者の皆様もご遠慮なくお話を聞きにお越しください。

【講師紹介】
浜田市出身、浜田高校卒。大阪大学文学部卒業後、山陰中央新報社に入社し、ふるさとで働く喜びに目覚める。報道記者として政治、医療、教育、地域づくり、定住・UIターンなど幅広い分野を担当。琉球新報社との合同企画「環(めぐ)りの海竹島と尖閣」で2013年日本新聞協会賞受賞。2014年秋、同社を退職して独立、島根を拠点に活動している。著書に『関係人口をつくる定住でも交流でもないローカルイノベーション』(木楽舎)『ローカル鉄道という希望-新しい地域再生、はじまる』(河出書房新社、第42回交通図書賞奨励賞)『地域ではたらく 「風の人」という新しい選択』(ハーベスト出版、第29回地方出版文化功労賞)など。2017年大阪大学人間科学研究科修士課程修了。一般社団法人日本ジャーナリスト教育センター(JCEJ)の運営委員も務める。