9月13日(火)に1年生普通科が広島大学を訪問しました。まず、全学部共通で広島大学の説明を受けました。その後、学食などで昼食をとり、休憩時間を利用して大学内を散策しました。生徒たちは大学の規模の大きさに驚いていたようです。
午後は8つの学部毎に別れて、学部の説明と模擬講義を受けました。学部の特徴や大学での授業内容や取得できる資格、ゼミ活動、卒業後の進路など多くのことを説明していただきました。
今回の訪問が文理選択を考えるよいきっかけとなったのではないでしょうか。

生徒の感想(抜粋)

  • 今回の広大訪問を通して、広大の様子、そして大学に入る大変さを知ることができました。だから、今のうちに勉強を頑張ったり、文理選択もしっかり考えてから決めないといけないと思いました。
  • 研究する中で、たくさん分からないことも出てくると思うし、大変だと思うけど、分かったときのうれしさはすごいんだろうなと思います。
  • 大学は自由だと思いました。でも、ほぼ全て自分の責任で自分が思うように生活しなければならないと思うと大変だなと思いました。
  • 私は広大は希望していないけれど、大学のこと、様子を少しですが知ることができたので良かったです。これを機に自分の進路を考えていきたいと思います。
  • 広島大学ではたくさんの学部があり、その1つ1つで充実した勉強や将来のための資格など、大学卒業後のことまで色々と考えられているんだと思った。

 

総合科学科の見学者が全体説明を受けています
総合科学科の見学者が全体説明を受けています

理学部棟の見学で、生徒が機材を覗き込んでいます
理学部棟の見学で、生徒が機材を覗き込んでいます