11月12日(日)にアクアみすみで書道パフォーマンスを行いました。
毎年恒例のみすみフェスティバル内での演技ということで、今年も大勢のお客さんに見ていただきました。

演技前に円陣を組みました

 

昨年度に引き続き益田翔陽高校と合同で行い、計10名という大人数で行いました。
今年のみすみフェスティバルのテーマが「異世代交流 感動と情熱を ぼくらーうちらーわしらーも主役」だったことからご年配の方に焦点を当てた文面を考えました。
ご年配の方たちが培ってきた多くのことを私たちが受け取ってこの先に伝えていけると良いなと思い、一人称を「わしら」にしてみました。演技前に文面の説明を行いましたが、観客の中にも頷きながら説明を聞かれているご年配の方も多く、部員たちの思いはよく伝わったのではないかと思います。
また、石州和紙の書き心地もよく、部員も「かすれが綺麗にでた」や「ふんばりやすかったので思い切り書けた」と述べていました。

前回のパフォーマンスでの反省点をしっかり改善できたように思います。次はイオンモールでの中四国大会の県予選です。悔いのない演技を目指します。

終わってから和紙の感想を述べています

全員で記念撮影

作品の写真