3部門で最優秀賞5部門で全国大会出場へ

 6月12日・13日に行われた第53回島根県高校放送コンテストでは、アナウンス部門で入賞を逃したものの、全7部門中3部門で最優秀賞を獲得し、優秀賞だった2部門とあわせて5部門で7月25日~28日に東京で行われる第64回NHK杯全国高校放送コンテストに出場することが決まりました。

 詳細は以下の通りです。

  • アナウンス部門(3名出場) 決勝・準決勝・準決勝
  • 朗読部門(エントリーなし)
  • ラジオドキュメント部門 優秀賞(2位) 八割五分の時限爆弾
  • テレビドキュメント部門 最優秀賞(1位) 学舎の家計簿
  • 創作ラジオドラマ部門 最優秀賞(1位) もういちど、さよならを。
  • 創作テレビドラマ部門 最優秀賞(1位) ひとつの太陽と、ふたつの空と
  • 校内放送研究発表 優秀賞(2位) お帰りアフレコただいまスタジオ

JOTK(NHK松江放送局)杯ポイント 27点(2位)

人数が少ないながらも多くの部門で入賞することができました。